手話認識における位置・動き特徴量の検討

古谷 佳大  堀内 靖雄  川本 一彦  下元 正義  眞崎 浩一  黒岩 眞吾  鈴木 広一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J99-D   No.1   pp.90-92
発行日: 2016/01/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2015HAL0001
論文種別: 特集レター (ヒューマンコミュニケーション〜ヒト・モノ・トコロを紡ぐ豊かな情報を発信するICT〜論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
手話認識,  隠れマルコフモデル,  

本文: PDF(409.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来,手話認識における位置・動き特徴量は直交座標系で表される場合が多い.一方で極座標系で表される特徴量も提案されている.本研究では二つの座標系による特徴量を比較,統合する事で有効な特徴量の検討を行った.