ドライバの体感速度変化を促すバーチャルパターン

東井 隼斗  北原 格  亀田 能成  大田 友一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J99-D   No.1   pp.45-55
発行日: 2016/01/01
早期公開日: 2015/10/02
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2015HAP0006
論文種別: 特集論文 (ヒューマンコミュニケーション〜ヒト・モノ・トコロを紡ぐ豊かな情報を発信するICT〜論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
高度道路交通システム,  拡張現実感,  ウィンドシールドディスプレイ,  速度抑制,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
ドライバの体感速度変化を促すバーチャルパターンを提案する.自動車運転時に光学シースルーディスプレイが利用できることを想定し,自動車の走行速度に応じて変化が生じるバーチャルパターンをドライバ視界に重畳する.バーチャルパターンの変化により,ドライバの体感速度変化を促し,速度抑制を目指す.実車映像を用いたシミュレーション実験による評価を実施し,提案手法の有効性を検証した.また,実車環境による評価実験も実施し,提案手法の有効性を確認した.