閲覧・購買行動に着目した結婚情報サイトにおける商品間の勝敗関係の分析手法

飯塚 修平  濵野 将司  川上 和也  萩原 静厳  川上 登福  浜田 貴之  松尾 豊  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J99-D   No.1   pp.109-118
発行日: 2016/01/01
早期公開日: 2015/09/28
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2015JDP7050
論文種別: 論文
専門分野: 人工知能,データマイニング
キーワード: 
ECサイト,  データマイニング,  商品ネットワーク,  

本文: PDF(2.9MB)>>
論文を購入




あらまし: 
データマイニングはECサイトのマーケティングにおいて有用な情報を引き出すために広く活用されている.ユーザの商品購入パターンを発見するバスケット分析や,商品に対するユーザの嗜好を予測する協調フィルタリングなどの手法は,効果的な販売戦略の立案や商品推薦に有効である.しかし,これらの手法は商品間の類似関係や競合関係は分析できるものの,商品間の購買訴求力の優劣については分析することが難しい.そこで本研究ではECサイトのログデータから観測されるユーザの閲覧行動と購買行動に着目し,購買訴求力の優劣を表した勝敗関係を分析する手法を提案する.今回は国内の結婚情報サイトを対象にして,ログデータから商品間の勝敗関係を抽出した.評価実験では,ウェブサイトのユーザに対するアンケート結果から抽出した勝敗関係と,ウェブサイトのログデータから抽出した勝敗関係を比較した.その結果,提案手法を用いることで,アンケートデータから得られる商品間の優劣関係をログデータから推定できることがわかった.提案手法はサーバログからユーザの閲覧・購買行動及び商品に関する言語情報が取得できれば適用可能な汎用的な分析手法である.