大規模・高速・高精度シミュレーション技術の現状と課題

浅井 秀樹  井上 雄太  岡田 慎吾  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J99-C   No.5   pp.182-192
公開日: 2016/04/06
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
論文種別: 招待論文 (エレクトロニクス分野におけるシミュレーション技術の進展論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
回路解析,  大規模・高速・高精度シミュレーション,  三次元,  電磁界解析,  SI/PI/EMI解析,  

本文: FreePDF(929.6KB)


あらまし: 
近年,回路を含む電気電子系システムの高性能化,高周波数化と供に,大規模システムを高精度,かつ,高速にシミュレーションする要求が高まっている.高精度シミュレーションのためには,集中定数モデルを分布定数モデルに置き換えることや,三次元フル・ウェーブ解析が要求されたりすることがしばしばとなっている.本論文では,そのような要求に対して,詳細モデルを利用していかに高速に解くか?と言う課題に対する処方箋について,アルゴリズムとハードウェア・アクセラレータの観点から述べる.今後,三次元メカトロニクス設計やマルチ・フィジックス設計に向けて,多様な展開が期待される.