複合モード励振による小形・平面アンテナの広帯域化

野口 啓介  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J99-B   No.9   pp.655-664
発行日: 2016/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2016API0002
論文種別: 招待論文 (無線システムの拡大を担うアンテナ・伝搬及び関連システムの論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
小形アンテナ,  平面アンテナ,  複合モード,  等価回路,  広帯域化,  最大比帯域幅,  Q,  

本文: FreePDF(1021KB)


あらまし: 
小形・平面アンテナの広帯域化に有効な複合モード励振を取り上げ,その適用方法について説明する.小形・平面アンテナのインピーダンス特性が直列・並列共振特性を示すことから,その等価回路を直列・並列共振回路で表し,その基本的パラメータとして共振周波数,放射抵抗,Q値を取り扱う.Q値と比帯域幅について理論的に導出された下限Q値と小形アンテナのQ値を比較するとともに,研究動向について説明する.直列共振型,並列共振型のアンテナに対して適用できる複合モード励振による広帯域化の手法を示し,システムが許容するVSWRに対して最大の比帯域幅の式を示すとともに,広帯域化の条件について説明する.最後に複合モードを用いた広帯域化の課題と限界について示す.