大容量無線通信の実現に向けた非線形MU-MIMOの伝送性能評価

矢野 一人  塚本 悟司  薗部 聡司  侯 亜飛  前田 隆宏  伴 弘司  宇野 雅博  小林 聖  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J99-B   No.8   pp.548-563
発行日: 2016/08/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
論文種別: 招待論文
専門分野: 
キーワード: 
マルチユーザMIMO,  非線形プリコーディング,  vector perturbation,  MMSE,  下りリンク伝送,  屋外伝送実験,  

本文: FreePDF(2.4MB)


あらまし: 
見通し伝搬路のような伝搬路相関の高い環境における大容量伝送実現に向けて,非線形マルチユーザMIMO(multiple-input multiple-output)伝送が注目されている.本論文では非線形プリコーディングの一種であるベクトル摂動(vector perturbation : VP)に着目し,その信号処理方法と特徴を概説する.次に,屋内外伝搬路を想定した計算機シミュレーションにより下りリンクMU-MIMO伝送でVPを効果的に機能させるための制約条件を明らかにする.そして,3GPP Release 10(LTE-Advanced)の物理フォーマットをベースにした実験システムの試作と屋外伝送実験を通じてVPに基づく非線形MU-MIMOの実現可能性と実環境での有効性を示すとともに,実用化に向けた課題を述べる.