合成開口レーダ画像から作成したレーダ動画

山岡 智也  諏訪 啓  原 照幸  中野 陽介  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J99-B   No.7   pp.525-534
発行日: 2016/07/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
論文種別: 特集論文 (若手研究者のための創造的論文特集)
専門分野: 計測,探査
キーワード: 
合成開口レーダ,  動画,  stripmap,  spotlight,  

本文: PDF(2.8MB)>>
論文を購入




あらまし: 
合成開口レーダ(Synthetic Aperture Radar: SAR)は,日照条件にかかわらず観測対象の画像が得られる特徴を有し,リモートセンシングの手段として重要な位置を占める技術である.近年では,SARを用いた動画の作成が実現されている.従来の移動目標検出では装置の追加が必要であり,限定的な移動目標の情報しか得られなかったのに対して,このレーダ動画はレーダ装置に対して新たな設備の追加を必要とせずに,具体的な目標の移動を確認して移動目標を検出できる利点を有する.SARによるレーダ動画の多くは,spotlight modeと呼ばれる観測モードで得られた受信信号を処理して動画を作成する場合が多い.これに対して筆者らは,single look complexであるSAR画像からレーダ動画を得る方式を提案する.これにより,低演算量で,spotlight modeのみならずstripmap modeまで対応したレーダ動画の作成が可能になるほか,過去のプロダクトや軌道上で再生された画像などからも動画が得られるようになる.本論文では,提案方式を航空機搭載SAR及びだいち2号から得られたSAR画像に対して提案方式を用いて得られた動画のスナップショットである画像を示し,画像内の信号成分の移動を確認して提案方式の有効性を確認する.