作業車の稼働状況を観測するZigBeeネットワークシステムの開発と実証実験・評価

小林 樹矢  山本 寛  山崎 克之  
(システム開発・ソフトウェア開発論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J99-B   No.10   pp.859-870
発行日: 2016/10/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2016IAP0008
論文種別: 特集論文 (ネットワークの設計・制御・分析・管理技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
ZigBee,  センサネットワーク,  作業車,  稼働状況観測,  

本文: PDF(2.2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
工場などの作業現場では作業車の稼働が不可欠である.それに伴い車両の寿命管理や高い動作率を実現するために作業車の稼働観測が重要となる.しかしながら,管理者が現場全体の作業車の活動を完全に把握するのは困難である.既存システムの多くは,特に屋内環境において大規模なエリアをカバーすることはできなかった.そこで本研究では,屋内外にかかわらず作業車の稼働状況を観測可能なシステムの開発と実証実験・評価を行った.システムは無線技術ZigBeeのネットワーク情報から相対的位置関係を推定する.そして,その位置関係の時系列変化から動作パターンを作成することによって稼働状況の観測を行う.システムを開発し,平成27年8月と9月に建設機器製造工場で稼働している作業車に対して実証実験を行い,システムを評価した.その結果,本システムで解析した動作パターンによって作業車の稼働状況を観測できることを確認した.また,工場のライン変更前後の動作パターンを比較することで,作業車の稼働時間の変化や動作率の関係など,ライン変更に伴う稼働状況の変化を捉えられることを明らかとした.