超広帯域基地局の帯域獲得と競合フローのスループット維持を両立する輻輳制御切替手法

佐野 修一  飯田 勝吉  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J99-B   No.10   pp.843-858
発行日: 2016/10/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2016IAP0011
論文種別: 特集論文 (ネットワークの設計・制御・分析・管理技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
5G,  大容量ファイル転送,  TCP,  LEDBAT,  シミュレーション評価,  

本文: PDF(2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年開発が進められている第5世代携帯電話網は帯域幅が大幅に異なる基地局を組み合わせて構成される.超広帯域の基地局と接続することで,大容量ファイル転送等これまで実現が困難であったサービスの提供が可能になる.しかし,基地局の種別が切り替わった際にTCPの輻輳制御がそれに適応できず,十分な性能の提供が困難になると考えられる.そこで本研究では,超広帯域の基地局と狭帯域の基地局に適応可能な輻輳制御切替方式を提案し,その性能を明らかにする.