高次元非線形スパース最適化問題に対する多様な近似解の導出―食材・配合量最適化問題の解法―

佐藤 雅子  佐藤 仁樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J99-A   No.4   pp.177-184
発行日: 2016/04/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
論文種別: 論文
専門分野: 数値計算,数理計画法
キーワード: 
遺伝的アルゴリズム,  スパース最適化,  高次元,  食材,  レシピ,  

本文: PDF(635.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
高次元非線形スパース最適化問題に対する複数の多様な局所近似解を,遺伝的アルゴリズムを用いて導出した.まず,状態変数の番号を遺伝子とした染色体を定義する.次に,高次元非線形スパース最適化問題を染色体で与えられた状態変数のみを変数とする問題に縮小する.縮小された非線形最適化問題の評価関数と染色体間の距離の和を染色体の適応度として遺伝的アルゴリズムにより染色体を改良し,縮小された非線形最適化問題を解くことにより,高次元非線形スパース最適化問題に対する複数の多様な局所近似解を導出する.この解法を食材及び食材配合量の最適化問題に適用し,食材及び食材配合量を栄養素バランスの目標値に対して最適化した.