発話状態推定に基づく協調的感情音声合成による音声対話システムの評価

加瀬 嵩人  能勢 隆  千葉 祐弥  伊藤 彰則  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J99-A   No.1   pp.25-35
発行日: 2016/01/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
論文種別: 特集論文 (人とエージェントのインタラクション論文特集)
専門分野: 音声・会話
キーワード: 
音声対話システム,  非タスク指向型対話,  感情音声合成,  状態推定,  パラ言語情報,  

本文: PDF(683.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,非タスク指向型の音声対話システムへの需要が拡大しており,様々な研究がされている.それらほとんどの研究は言語的な観点から適切な応答の生成を目指したものである.一方で人間同士の会話においては,感情表現や発話様式などのパラ言語情報を効果的に利用することにより,対話を円滑に進めることができると考えられる.そこで我々はシステムの応答の内容ではなく,応答の仕方に着目し,感情音声合成を対話システムに用いることを試みる.本研究ではまず,適切な感情付与を人手により与えた場合に実際に対話システムの質が向上するかを複数のシナリオを作成して主観基準により評価する.次に,感情付与を自動化するために,システム発話に応じた付与とユーザ発話に協調した付与の二つの手法について検討を行う.評価結果から,感情を自動付与することで対話におけるユーザの主観評価スコアが向上すること,またユーザ発話に協調した感情付与がより効果的であることを示す.