タスク指向型のロバストなチーム編成問題

沖本 天太  シュウィンド ニコラ  クレモン マキシム  井上 克巳  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J98-D   No.6   pp.894-904
発行日: 2015/06/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2014SWP0002
論文種別: 特集論文 (ソフトウェアエージェントとその応用論文特集)
専門分野: 理論
キーワード: 
チーム編成,  ロバスト性,  決定問題,  多目的制約最適化問題,  計算複雑度,  

本文: PDF(584.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
どのようにチームを編成するかという問題は,マルチエージェントシステムにおける重要な課題の一つである.チーム編成問題とは,異なるスキルをもつエージェントの集合から,与えられたタスク集合を達成するような部分集合(チーム)を決定する問題である.あるチームTkロバストであるとは,Tから任意のk人を取り除いたとしても,残りのチームメンバー,すなわちT\{k}で,与えられたタスク集合が達成可能であることを意味する.チーム編成問題に関する既存研究は数多く存在するが,チームのロバスト性に着目した研究はほとんどない.本論文では,ロバストなチーム編成問題(Robust Team Formation Problem, RTFP)のフレームワークを定義する.また,チーム編成問題における決定問題及び,最適化問題をそれぞれ与え,これらの計算複雑度について議論する.更に,チーム編成問題における決定問題の解法(Algorithm for Robust Team, fART)及び,最適化問題の解法(Algorithm for Optimal Robust Team, AORT)を提案し,評価する.