非線形量子化を用いたC-RAN基地局エントランス回線向けI/Qデータ圧縮法

縣 亮  難波 忍  大石 将之  田中 啓仁  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J98-C   No.8   pp.158-166
公開日: 2015/07/07
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
論文種別: 論文
専門分野: 電子回路
キーワード: 
C-RAN,  モバイルフロントホール,  データ圧縮,  光アクセス,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
基地局間での高度な協調動作を可能とする次世代基地局網アーキテクチャであるC-RAN (Centralized Radio Access Network)では,基地局を収容する光アクセス回線において,デジタル化されたI/Q信号を効率的に伝送するための技術が求められている.本論文では,ダウンサンプリングと非線形量子化技術を組み合わせることで,LTE (Long Term Evolution)無線信号の所要品質を維持しつつ,デジタル化されたI/Q信号を50%削減できる新たなI/Qデータ圧縮法を提案するとともに,試作機を用いて本提案I/Qデータ圧縮法の有効性を確認したので報告する.本技術を用いることで,既設基地局を収容する光ファイバケーブルを増設することなくC-RAN構成へ移行でき,品質の良い通信回線をエンドユーザに迅速に提供できる.