無線メッシュネットワークにおける情報広告のためのランダムネットワーク・経路次元統合符号化

菅尾 悠貴  岡田 啓  小林 健太郎  片山 正昭  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J98-B   No.4   pp.373-382
発行日: 2015/04/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
無線メッシュネットワーク,  情報広告,  ランダムネットワーク符号化,  経路次元符号化,  

本文: PDF(732.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
無線メッシュネットワークにおいて,あるノードからネットワーク内の全てのノードにパケットを送信する,情報広告について考える.本論文では,この情報広告の低遅延化とパケット不達率低減を図るために,ランダムネットワーク符号化と経路次元符号化を用いたネットワーク・経路次元符号化,及びそのための統合復号手法を提案する.ランダムネットワーク符号化ではビット誤りを考慮していないことに対し,送信元ノードにおいて経路次元符号化を行うことで,誤り訂正によるビット誤りを軽減する.まず始めに,簡易なモデルを用いて提案手法の復号性能を評価する.その結果,提案する統合復号手法によりパケット誤り率特性を改善できることを示す.そして,ネットワークシミュレータを利用して,ネットワークで伝送されるパケット数の影響を考慮して時間依存性のあるパケット不達率特性を評価する.その結果,提案手法はフラッディング,ランダムネットワーク符号化に比べ,経過時間に対するパケット不達率を大幅に改善できることを示す.