情報通信社会における安全・安心の実現に向けたSpecific Emitter Identificationの一提案と実証

山岡 智也  森田 晋一  原 照幸  若山 俊夫  鈴木 信弘  河東 晴子  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J98-B   No.3   pp.319-330
発行日: 2015/03/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
SEI,  AIS,  非線形,  等化,  

本文: PDF(1.6MB)>>
論文を購入




あらまし: 
情報通信社会の安全・安心を脅かす無線通信網における虚偽の情報伝達を検出するために,レーダ装置の個体識別手法であるSEI (Specific Emitter Identification)の適用について検討が始まっている.しかし,見通しが遮られているような伝搬環境を想定した検討はこれまで行われてこなかった.そこで本論文では,そのような環境であっても高性能なSEIを実現するために,信号波形における既知信号列によって推定された伝達関数による周波数領域等化と立ち上がり部分の相関積分処理を特徴とする方式を提案する.船舶の自動識別に用いられるAIS (Automatic Identification System)信号を実環境で収集し,復号が可能であった7隻の船舶からのAIS信号を用いた実証では,提案方式として導入した周波数領域等化によって識別性能を大幅に改善できることが分かり,パラメータの設定によっては100%の識別率を達成できる場合があった.