送信ダイバーシチに適用する相対空間マッピング変調方式

増田 進二  佐野 裕康  能田 康義  中村 亮介  石津 文雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J98-B   No.3   pp.244-254
発行日: 2015/03/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
論文種別: 論文
専門分野: 伝送方式・機器
キーワード: 
送信ダイバーシチ,  差動時空間ブロック符号,  変調方式,  

本文: PDF(1.7MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,差動時空間ブロック符号を用いた送信ダイバーシチにおいて,多値化時の受信性能改善を目的とした相対空間マッピング変調方式を提案する.提案方式では,送信ダイバーシチを前提に,時空間符号化するブロック内シンボルの相対振幅及び相対位相にも情報をマッピングする.このとき,信号点をブロック内のシンボルの合計電力が一定になるよう配置することにより,送信電力を一定にするための正規化処理が不要となる.また,提案方式は,従来の位相変調方式と比較して信号点間距離を拡大できるため,受信性能を改善できる.本論文では,提案方式による多値化のためのマッピング方法について述べた後,計算機シミュレーションにより,白色ガウス雑音伝送路,フェージング伝送路にて良好なビット誤り率特性が得られることを示す.