WebRTCを活用したブラウザベースのストリーミング通信判定システムの開発と評価

久蔵 健  山本 寛  福元 徳広  阿野 茂浩  山崎 克之  
(システム開発・ソフトウェア開発論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J98-B   No.10   pp.1084-1093
発行日: 2015/10/01
Online ISSN: 1881-0209
論文種別: 特集論文 (理論・実践に立脚したインターネットアーキテクチャ論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
ネットワーク計測,  WebRTC,  QoS,  ストリーミング通信,  

本文: PDF(1.6MB)
>>論文を購入


あらまし: 
ストリーミング通信を利用したアプリケーションの普及によって,接続するネットワークがストリーミング通信に適しているか,事前計測を行うことが重要となってきている,しかし,UDPベースのストリーミング通信の品質計測には専用のソフトウェアが必要となる.一方,Webブラウザ間でリアルタイムに通信できる技術であるWebRTCが利用可能となった.WebRTCが備える柔軟な伝送設定が可能なデータ通信APIはネットワーク計測に活用できる.そこで本論文では,WebRTCを利用することで,特別なソフトウェアのインストールを必要とせず,Webブラウザ上で動作するストリーミング通信判定システムを提案する.特に,WebRTCを利用してWebブラウザ間でVoIPを模擬したトラヒックを送受信し,計測したネットワーク遅延とパケット廃棄率を基に,E-modelを活用してストリーミング通信の主観品質を導出することを特徴としている.WebRTCを用いたネットワーク計測の精度評価実験から,提案方式が十分な精度で品質計測できることを示す.また,実環境における計測実験を通して,提案システムによりアクセスネットワークのストリーミング通信品質計測・通信可否判定が可能であることを示す.