回路ブロックの組み合わせによる演算増幅器の自動設計

髙井 伸和  新井 直樹  根岸 孝行  関 洋明  加藤 雅人  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J98-A   No.4   pp.327-336
発行日: 2015/04/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
論文種別: 論文
専門分野: VLSI設計技術とCAD
キーワード: 
演算増幅器,  遺伝的アルゴリズム,  自動設計,  回路ブロック,  フロアプラン,  

本文: PDF(1.2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では回路ブロックの組み合わせによる演算増幅器の自動設計の手法を提案した.自動設計には遺伝的アルゴリズムを用いた.遺伝的アルゴリズムの初期回路を生成するために回路ブロックを提案した.回路ブロックを構成する内部回路に自由度をもたせるため,ゲート端子の接続は一定のルールのもとランダムで決定する.回路グロックを配置するために電源間にフロアを用意する.フロアに回路ブロックを配置する際には電源間で電流が必ず流れるようにすることで,動作しない不要な回路の生成を排除する.用意したフロアに回路ブロックを配置し,初期回路を生成する.生成された初期回路を基に遺伝的アルゴリズムを用いて演算増幅器を自動設計する.これらのアルゴリズムをJava言語を用いて実装し自動設計した結果,15の設計仕様を全て満たす演算増幅器の設計に成功した.