端末の分布を考慮したマルチレート無線LAN環境のアクセスポイントにおけるスループット予測法の高速化

濱本 亮  高野 知佐  小畑 博靖  石田 賢治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J98-A   No.2   pp.209-220
発行日: 2015/02/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
論文種別: 特集論文 (電子情報通信分野における萌芽的研究論文小特集)
専門分野: 情報ネットワーク
キーワード: 
無線LAN,  アクセスポイント,  マルチレート,  スループット推定,  

本文: PDF(1.8MB)>>
論文を購入




あらまし: 
IEEE 802.11規格に基づく無線LANが急速に普及し,一般家庭や企業,駅や空港といった様々な公共施設にアクセスポイント(AP)が設置されている.IEEE 802.11規格に基づく無線LANでは,ネットワーク環境に応じて伝送レートを変更できるマルチレート伝送技術が用いられている.ここで,APのスループット(APが再送パケットを含めて無線端末から受信したデータ量)を予測することは,ネットワーク設計上(AP増設やAP配置問題等)重要な課題である.マルチレート伝送技術を用いて通信するAPにおいて,従来方式ではAPのスループット値を予測する際,着目するAPとそのAPに接続する全端末との距離を求める必要があった.そのため,時間計算量が線形オーダとなり,ネットワークの大規模化によって計算コストが増加する問題がある.本論文では,この問題に対し,端末の分布を考慮することで高速なスループット予測法を提案する.この提案方式によって,ネットワーク構造は限定されるが,APのスループットを定数オーダで推定できることを示す.また,提案方式によって推定されたスループット値を従来方式で得られるスループット値と比較して,提案方式の効果を確認する.また,提案方式のアルゴリズムを計算量の観点から評価し,その有効性を示す.