Facebookにおける企業ページのエンゲージメント率を向上させる投稿画像の特徴抽出―ファストフード業界における商品画像分析―

大原 翔  梶山 朋子  大内 紀知  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J98-A   No.1   pp.41-50
発行日: 2015/01/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
論文種別: 特集論文 (ヒューマンコミュニケーション〜人々の生活を幸せで豊かにしていくICTとコミュニケーション〜論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
投稿画像,  エンゲージメント率,  企業,  SNS,  食品,  広告宣伝,  

本文: PDF(2.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
SNSを広告宣伝活動に利用する企業にとって,投稿に対するファンからの反応率を示すエンゲージメント率の向上が重要な課題となっている.本研究では,Facebook上でファン数増加とエンゲージメント率向上を両立させているファストフード業界2社を対象とし,エンゲージメント率を向上させる投稿画像の特徴抽出を行った.投稿画像に対し,商品画像の面積や色彩に関する七つの評価指標を用いて,主成分分析による合成変数を作成した.算出した主成分得点を用いてクラスター分析を行い,三つのグループに分類した後,同一商品のペアリングを行った結果,エンゲージメント率の高い画像を多く含むグループの存在を確認した.エンゲージメント率の低い投稿画像を,エンゲージメント率の高い画像を多く含むグループの主成分得点に近づくように画像処理を行い,改善画像を作成した.被験者40名による評価では,改善画像がユーザのアクション数を増加させることが分かった.本分析を活用し,投稿画像に対するアクション可能性の通知と,エンゲージメント率を向上させる投稿画像の提示を行うシステムを提案した.