多言語サービス基盤のための連邦アーキテクチャ

村上 陽平  林 冬惠  石田 亨  田仲 正弘  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J97-D   No.6   pp.1094-1101
発行日: 2014/06/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
論文種別: 特集論文 (インターネット技術とその応用論文特集)
専門分野: インターネットアーキテクチャ
キーワード: 
サービスグリッド,  連邦制,  SOA,  集合知,  

本文: PDF(922.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
サービスグリッドはサービス指向集合知のためのミドルウェアである.サービスを連携させるために,サービスレポジトリやサービス合成,アクセス制御,モニタリングなどの基盤機能群を備えている.このミドルウェアを用いて多言語サービス基盤を構築するには,多様な言語サービスがサービスグリッド上で接続される必要がある.しかしながら,単一の運営者だけでは,多様な言語を網羅して言語サービスを体系化し集約するのは困難である.そこで,地域ごとにサービスグリッドを構築しそれらを接続することで集合知を形成する必要がある.具体的には,汎用的なサービスグリッドを言語ドメインのサービスの管理に特化させるために,サービスのメタモデルを設計した.更に,サービスレポジトリを共有し,サービスグリッド間を越えてアクセス制御を行いながらサービスを連携させるためにサービスグリッドの連邦アーキテクチャを開発した.最後に連邦アーキテクチャを京都とバンコクの言語グリッドの連邦制運営に適用することでその有効性を検証した.