ペン先方向の加速度特徴を活用した空中手書き文字認識

大坪 由香利  中井 満  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J97-D   No.3   pp.574-583
発行日: 2014/03/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (学生論文特集)
専門分野: 画像認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
手書き文字認識,  空中手書き,  加速度センサ,  HMM,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
空中に文字を書く動作の加速度信号から文字を認識する.先行研究のひらがなの認識では筆記面の2次元特徴で十分であった.一方,数字の「0」と「6」のような文字対の識別では,筆記具の傾きによって変化するペン先方向の加速度特徴が必要となる.そこで,本論文では2次元特徴と3次元特徴の中間的な手法として,ペン先方向の加速度特徴に適度な重みを付けて活用する手法を提案する.提案手法では,対数ゆう度の重み付き線形和を識別関数としたマルチストリームHMMでモデル化する.実験では5名の筆記者の数字とひらがなを用いて,文字を書く大きさや筆記具の持ち方に対するペン先方向の適切なストリーム重みを調査した.その結果,数字では文字の大きさが小さくなるほど重みを大きくした方が良く,リモコン持ちの場合は認識誤りの約5割を,ペン持ちの場合は認識誤りの約4割を削減できた.また,サンプルごとに重みを調節した場合,数字では最大で認識誤りの約9割を,ひらがなでは認識誤りの約8割を削減できる見込みを得た.