6ポートブランチライン型ハイブリッド回路

津留 正臣  谷口 英司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J97-C   No.2   pp.69-76
公開日: 2014/01/14
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: マイクロ波,ミリ波
キーワード: 
ハイブリッド回路,  ブランチライン,  6ポート,  直交差動,  シングルエンド,  

本文: PDF(853.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,低挿入損失かつ簡易な構成でシングルエンドから直交差動波形が得られる6ポートブランチライン型ハイブリッド回路を考案し,その解析と試作を行ったので報告する.直交変復調方式を用いた通信装置などでは,小型・低コスト化のためにSiプロセスによるRFフロントエンドが用いられているとともに,多値化にともない局発源の低位相雑音化が求められている.しかしながら,キーデバイスの一つである発振器の位相雑音は,一般的にはGaAsプロセスによる発振器のほうが良好である.GaAsプロセスによる発振器とSi-RFフロントエンドとのマルチチップ構成とする場合,発振器の出力はシングルエンドであることが多いために,その出力をSi-RFフロントエンドに入力するには直交差動波形への変換回路が必要となる.試作した5.8GHz帯6ポートブランチライン型ハイブリッド回路の挿入損失は約0.2dB,入力の反射損失は24.4dB,アイソレーションは26.4dBであった.また,出力の移相は直交差動の関係にあることを確認した.