Khatri-Rao変換を用いた広帯域信号のための到来方向推定

白井 智士  山田 寛喜  西村 寿彦  小川 恭孝  大鐘 武雄  山口 芳雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J97-B   No.9   pp.780-788
発行日: 2014/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
論文種別: 特集論文 (無線技術の根幹を支えるアンテナ・伝搬技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
DOA推定,  広帯域信号,  Khatri-Rao積,  アレー自由度,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,広帯域信号を用いた通信の利用や研究が盛んに行われている.それに伴い,広帯域信号を用いたDOA推定についても注目が集まっている.これまでに多くの広帯域DOA推定手法が提案されてきたが,いずれも一長一短であり,決定的な手法は存在していない.そこで筆者らはKhatri-Rao積の変換処理を用いる新たな広帯域推定手法を提案する.提案手法は簡易な変換処理を用いることで広帯域到来方向推定が可能になり,更に,使用するバンド数に応じてアレー自由度が大きく向上する利点をもつ.ただし,提案手法の性質から,到来信号が周波数特性を有する場合に推定精度の劣化が懸念される.そのような場合に,受信信号データに対して周波数特性補償を施すことを提案する.本論文では,シミュレーションにより提案手法の特性と周波数特性補償の効果を評価し,有効性を確認する.