2次元到来方向推定用ピラミッド型アレーアンテナ

松野 宏己  中野 雅之  堀 裕介  鹿川 悠太  土居 勇輝  市毛 弘一  新井 宏之  
(アンテナ・伝播研究専門委員会推薦論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J97-B   No.9   pp.752-761
発行日: 2014/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
論文種別: 特集論文 (無線技術の根幹を支えるアンテナ・伝搬技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
到来方向推定,  ピラミッド型アレーアンテナ,  MUSIC法,  見通し内環境,  大地反射波,  

本文: PDF(2.6MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,電波の方位角方向と仰角方向を同時に推定する2次元到来方向推定用のアンテナとしてピラミッド型アレーアンテナを提案し,到来方向推定精度に関する実験的検討を行う.地面と平行に配置した平面アレーを仰角方向に傾けることにより,低仰角方向の開口面を拡大し,指向性をもつ放射パターンにより大地反射波の影響を抑制する.電波暗室及び屋外見通し内環境において2次元到来方向推定精度の比較を行い,提案するピラミッド型アレーアンテナが地面に平行に配列した平面アレーアンテナと比較して約3度の精度改善効果が得られることを示す.