LDPC符号とBCH符号の連接符号を適用する集合分割8PSK符号化変調の性能改善

鈴木 陽一  橋本 明記  松崎 敬文  田中 祥次  木村 武史  土田 健一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J97-B   No.8   pp.648-659
発行日: 2014/08/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
論文種別: 論文
専門分野: 衛星通信
キーワード: 
衛星放送,  スーパーハイビジョン,  符号化変調,  8PSK,  LDPC符号,  BCH符号,  

本文: PDF(1.9MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,従来技術である集合分割法を適用した8PSK符号化変調において,シンボルを構成する各ビットに対して,誤り訂正能力に応じたLDPC符号とBCH符号の連接符号の適用を提案する.具体的には,全体の符号化率一定のもと,シンボルを構成するビットごとに任意の符号化率を調整することで,全体の伝送性能が最もよくなる符号化率の組み合わせを導出する.また,提案方式を,最小ユークリッド距離の拡大を伴う集合分割法と,最小ユークリッド距離の拡大は伴わずに,一番大きい最小ユークリッド距離に位置する信号点の数を減少させる集合分割法の2種類の方法に対して適用し,従来方式より所要C/N改善が可能であることを,白色雑音モデル及び12GHz帯衛星伝送路を模擬したモデルの両方において,計算機シミュレーションにより明らかにした.