サーモグラフィ法によるSAR測定における熱移動の補正

齊藤 一幸  滝本 拓也  大西 輝夫  高橋 応明  伊藤 公一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J97-B   No.3   pp.294-300
発行日: 2014/03/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (光応用電磁界計測技術の最新動向論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
固体ファントム,  サーモグラフィ法,  SAR測定,  熱移動,  補正法,  

本文: PDF(1.2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
筆者らはこれまで,3 GHz以上の周波数帯において,固体ファントムを用いたサーモグラフィ法によるSAR測定の検討を行ってきた.その結果,3.8 GHzや5.2 GHzでは電磁波照射時間の経過に伴い熱移動の影響が大きくなることを確認した.また,電磁波照射時間の経過とともに温度上昇の測定誤差は小さくなることも確認している.そこで本論文では,電磁波照射によるある観測点での温度上昇の時間推移より算出した補正係数で,熱移動の影響を含む温度上昇分布に補正を行う提案をし,その有効性について確認を行った.その結果,照射電力が小さく熱移動の影響が大きな場合でも,この方法で補正することにより,測定誤差が十数%程度に抑えられることがわかった.