送電設備が中波放送送信アンテナの入力インピーダンスに及ぼす影響のスケールモデルによる考察

坂本 龍之介  松田 豊稔  石橋 孝昭  下塩 義文  田口 健治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J97-B   No.2   pp.143-150
発行日: 2014/02/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (通信技術の革新を担う学生論文特集)
専門分野: 電磁環境・EMC
キーワード: 
EMI,  送電線,  中波放送,  入力インピーダンス,  スケールモデル,  モノポールアンテナ,  

本文: PDF(1.6MB)>>
論文を購入




あらまし: 
中波放送の送信アンテナの近くに送電線があるとき,架空送電線,鉄塔,架空地線といった送電設備が,送信アンテナの放射特性に影響を与えることがある.本論文では,送電設備が中波送信アンテナの入力インピーダンスに及ぼす影響について考察する.送信アンテナと送電設備のVHF帯でのスケールモデルを考え,このモデルに対して実験と電磁界解析のシミュレーションを行い,アンテナの入力インピーダンスと送電設備を構成する導体要素との関係を調べる.そして,その結果から,鉄塔と架空地線から構成される半波長の導体ワイヤが,送信アンテナの入力インピーダンスに影響を与える主要な構造であることを示す.なお,シミュレーションには,モーメント法のNEC-2とFDTD法を用いた.