無線LANにおけるアクセスポイントと端末の協調による送信機会確保のためのメディアアクセス制御

熊谷 雄太  大坐畠 智  加藤 聰彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J97-B   No.2   pp.110-119
発行日: 2014/02/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (通信技術の革新を担う学生論文特集)
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
無線LAN,  NAV,  Media Access Control,  セキュリティ,  

本文: PDF(1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,IEEE 802.11eの高優先制御で大量のトラヒックを生成する端末(違反端末)が混在した場合でも,アクセスポイント(AP)と端末が協調し,NAVに通信状況で動的に変更する値 (Fake期間)を追加して送信機会を確保することで,違反端末の過剰な送信機会を抑える方式を提案する.提案方式では,このFake期間の動的な変更に加え,APのCWminの動的な変更,バックオフの変更,キューイング制御を組み合わせることで提案方式の端末の通信の確保をAP主導で実現する.提案方式の性能をコンピュータシミュレーションにより評価し,提案方式を用いることで違反端末の通信量を抑え,提案方式の端末の通信量が向上していることを示す.