QOSTBCを用いる簡易な中継処理による協調ダイバーシチ

山岡 智也  原 嘉孝  石岡 和明  原 照幸  山里 敬也  
(システム開発・ソフトウェア開発論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J97-B   No.12   pp.1213-1223
発行日: 2014/12/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
協調ダイバーシチ,  時空間,  QOSTBC,  簡易な中継,  

本文: PDF(732.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
筆者らはQOSTBC (Quasi-Orthogonal Space-Time Block Code)を用いる簡易な中継処理による協調ダイバーシチとして,QOSTBCの一種であるABBA符号化が行われた信号を受信する方式を以前に提案した.この方式は,送信局であらかじめ時空間符号化を行う特徴をもち,これにより中継局での信号の並べ替えによって受信局ではABBA符号と等価の信号行列を得て,符号化利得を得られる.中継局においては,時空間符号化を行わないためベースバンド信号へ変換する必要がなく,IF (Intermediate Frequency)帯で処理が完結する特長を有する.本論文では,その方式に対して,送信される時空間ブロック符号への単純な操作によって誤り率性能または信号受信における演算量の改善を行う二つの改良方式の検討に,それまで未実施であった複数のチャネルモデルによる検討も含めて,QOSTBCを用いる簡易な中継処理による協調ダイバーシチの検討を総括する.また,性能評価としては受信局で得られる信号行列の評価及び誤り率性能の計算機シミュレーションを行う.計算機シミュレーションによって,チャネルのモデルごとの性能及び改良方式の具体的な改善効果を明らかにする.