集団適応状態に向けた好意情報の提示とその影響

森 有紗美
原田 智広
北川 広登
髙玉 圭樹

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J97-A    No.6    pp.429-438
発行日: 2014/06/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
論文種別: 特集論文 (人とエージェントのインタラクション論文特集)
専門分野: 人の認知・心理特性
キーワード: 
集団適応,  集団意思決定,  好意情報,  バルンガ,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文は,集団での意思決定の際,異なる考え方をもつ集団のメンバーが納得した上で意思決定を行うために必要な要素として,人間同士の「好意」に着目し,その影響を明らかにすることを目的とする.人間の好意の提示が集団へ与える影響を検証するために,集団が納得し意思決定を行う状態である「適応状態」など複数の集団状態を定義した上で,集団意思決定の模擬として異文化体験ゲーム「バルンガ」を用いた被験者実験を行う.人間の好意の提示が集団へ与える影響を検証するために,ゲーム中の他のプレイヤーに対する好意情報を提示する「好意マーカー」を実装したバルンガシステムによるコンピュータ上での被験者実験の結果,好意情報が提示可能であることでプレイヤーはバルンガの意見衝突の原因となるカードルールの違いに気付きやすくなり,適応状態に至りやすくなることが明らかになった.