3次元音響システムにおけるスピーカ位置の違いが空間的印象に与える影響

澤谷 郁子  入江 健介  杉本 岳大  安藤 彰男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J97-A   No.4   pp.313-322
発行日: 2014/04/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
論文種別: 特集論文 (音響学の発展を支える信号処理技術論文小特集)
専門分野: 音質評価
キーワード: 
空間的印象,  空間知覚,  マルチチャンネル音響,  スピーカ配置,  

本文: PDF(2.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
マルチチャンネル音響システムのスピーカ位置は,設置環境の制約条件によって標準配置のとおりにならず再生環境ごとに異なる可能性がある.同じ音響信号を再生してもスピーカ位置によって空間的印象が変わることが知られており,スピーカ設置の方針を得る必要がある.これまで2次元音響システムの各スピーカ位置の違いによる再生音の空間的印象は検討されてきたが,3次元音響システムでは調べられていない.そこで本研究では,3次元音響システムの各スピーカ位置の違いが知覚に与える影響を調べるため,22.2マルチチャンネル音響の各スピーカの方位角・仰角を変えた場合の再生音の空間的印象を評価した.その結果,基準配置(等間隔)に対して,上層前方及び下層前方スピーカを正面方向よりに,中層前方・後方スピーカを側方よりに,上層を中層よりに移動させても,空間的印象の違いが識別されにくい傾向にあることが分かった.