遺伝的プログラミングによる表情識別アルゴリズムの自動生成

松村 幸輝  水野 公人  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J96-D   No.4   pp.952-964
発行日: 2013/04/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 人工知能,データマイニング
キーワード: 
遺伝的プログラミング,  顔表情認識,  識別アルゴリズム,  最適化モデル,  

本文: PDF(2.9MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は表情識別の自動化を目指し,新しい手法として進化型計算方法の一種である遺伝的プログラミング(GP)を用いた表情識別システムを提案した.本システムでは,前処理,特徴抽出,後処理,認識までの一連の識別処理をGPで行えるオールインワンな処理方法を試みた.システムの評価は,表情として無表情,幸せ,悲しみ,驚き,怒り,嫌悪,恐れの7種類としてそれらの表情画像の中から二つを組み合わせて,合計21種類の表情識別器の精度を求めることで行った.この手続に基づき訓練フェイズで得た優良個体を用いてテストフェイズで未知表情画像の識別を行い,性能評価した.実験の結果から,本識別システムは本研究での従来法に比較して識別率が向上するとともに,2クラスにおいて得られた平均識別率が75.2%に達し,SVM方式(平均識別率73.8%)と同程度の性能を有することが確認できた.