結膜血管端検出による高速高精度眼球回旋計測

中込 広幸  星野 聖  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J96-D    No.4    pp.876-884
発行日: 2013/04/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (医用画像論文特集)
専門分野: 画像計測
キーワード: 
眼球回旋運動,  結膜血管,  虹彩,  

本文: PDF(2MB)>>
論文を購入



あらまし: 
回旋性視運動眼振などの刺激に対するゲインの小さい眼球運動を計測するためには,高い精度が必要となる.従来の眼球回旋計測手法においては,瞳孔径変化によって変形した虹彩パターンを修正することで瞳孔径変化の影響を打ち消しているが,常に誤差1.0 [degree]以下での計測を行うことは困難であった.そこで我々は,瞳孔径変化に対して影響されない部位である虹彩外縁部に存在している結膜血管に着目し,従来の虹彩紋理パターンを用いた眼球回旋計測手法と結膜血管抽出手法を組み合わせることで,高速高精度な眼球回旋計測を行う方法を考案した.評価として6名の眼球回旋運動映像から,血管端位置を目測にて計測し,本システムの誤差を算出し,瞳孔径変化時においても,常に誤差0.25 [degree]以下,毎秒処理速度60回以上での計測が可能であった.