音声対話システムログデータの翻訳結果の選択による統計的言語理解部の言語間移植コストの削減

翠 輝久  水上 悦雄  柏岡 秀紀  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J96-D   No.4   pp.1020-1028
発行日: 2013/04/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
音声言語理解,  音声対話システム,  機械翻訳,  

本文: PDF(898.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
音声対話システムの言語間移植を想定して,移植元のシステムとは異なる言語の音声言語理解部を学習するためのデータを,元のシステムの言語用の言語理解部と,統計的機械翻訳を利用して作成する手法を提案する.統計的理解部の学習データとして,公開中の音声対話システムのログデータの翻訳結果を利用することを考える.音声認識及び機械翻訳に起因する誤りを含むログデータの中から,学習に有用な文を選択するために,折返し翻訳を利用して翻訳結果が原文の意味を保持しているかを調べる.日本語の音声対話システムAssisTraの実運用により収集したログデータから提案手法により文を選択して,同システムの英語版の音声言語理解部を構築する実験を行い,選択した翻訳結果を利用することが音声言語理解システムの性能改善に有効であることを確認した.