摩耗加速試験におけるベアリング振動の逐次細分化自己組織化マップ法を用いた効率的な分類

加藤 初弘  廣瀬 和彦  赤垣 友治  中村 正信  鈴木 裕  阪田 治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J96-D   No.12   pp.3090-3093
発行日: 2013/12/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
ベアリング,  rs-SOM,  振動,  診断,  

本文: PDF(468.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ベアリングの異常診断を行うための基礎として,異物を潤滑油に混入して得られた振動データを自己組織化マップ法SOMにより分類した.新しい方法である逐次細分化自己組織化マップ法rs-SOMを用ると,従来のSOMと比較してほぼ1/4の処理時間で効率的に分類を実施できた.また,特徴マップにより振動状態の経時変化を表現できることを利用して,摩耗状況を相対的に定量化する方法を提案した.