連続した状態空間での合理的エージェントの行為を扱う論理モデルの試み

新出 尚之
高田 司郎
藤田 恵

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J96-D    No.12    pp.2939-2950
発行日: 2013/12/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (ソフトウェアエージェントとその応用論文特集)
専門分野: 理論
キーワード: 
エージェントフレームワーク,  合理的エージェント,  BDI logic,  実世界,  

本文: PDF(924KB)>>
論文を購入



あらまし: 
実世界において周囲の状況に応じて行為選択を行う合理的エージェントにとって,仮想世界と大きく異なる点の一つは,環境が離散でなく連続であることであり,従ってそのモデル化を行うには,行為の結果到達する状態が連続的な確率分布をするようなモデルを用いることが自然かつ望ましいと考えられる.本論文では,我々が提案している拡張BDI論理であるtomatoesを更に拡張し,連続した状態空間を扱えるようにすることを試みる.