移動通信システムにおける基地局アンテナの近傍に設置した反射板による高層階不感地エリアの成形法

北尾 光司郎  今井 哲朗  石川 一道  
(アンテナ・伝播研究専門委員会推薦論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J96-B    No.9    pp.971-980
発行日: 2013/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ワイヤレスシステムを支える技術を融合するアンテナ・伝搬技術論文特集)
専門分野: 電波伝搬
キーワード: 
移動通信システム,  反射板,  物理光学近似,  基地局アンテナ,  

本文: PDF(1.6MB)>>
論文を購入



あらまし: 
移動通信システムの基地局アンテナ近傍に設置した反射板により既存サービスエリアのカバレッジにほとんど寄与していないサイドローブの波を反射させて,高層階エリアの低受信レベルエリア,所謂,不感地の受信レベルを改善する方法を提案した.また,その効果について物理光学近似に基づいた評価モデルを用いて検討した.提案法の評価には物理光学近似が有効であることを2 GHz帯による測定結果との比較より明らかにした.また,本提案法が適用される典型的な環境を想定して,その環境において反射板が最も効率良く機能する反射板のサイズ,位置について計算機シミュレーションによる検討結果を示した.