PIアルゴリズムによるインバータノイズ低減システム

松岡 健人  藤元 美俊  堀 俊和  田端 隆伸  堀 智  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J96-B   No.9   pp.955-963
発行日: 2013/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ワイヤレスシステムを支える技術を融合するアンテナ・伝搬技術論文特集)
専門分野: 無線システム
キーワード: 
適応フィルタ,  インバータノイズ,  PIアルゴリズム,  タップ付遅延線,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年急速に普及しつつあるEV(電気自動車)やHV(ハイブリッドカー)には,電動モータの動力を制御するPCU(Power Control Unit)が搭載されている.そのPCU内のインバータ回路から発生する電気的ノイズがAMラジオ放送に干渉し,音質を低下させることが問題となっている.本論文では,上記の対策としてPCUに配置したノイズセンサを用いてインバータノイズのみを取得し,その信号を用いてAMラジオアンテナに混入したインバータノイズを低減するシステムを提案する.AMラジオ放送の利用帯域には複数のインバータノイズが干渉し,それらのインバータノイズの位相・振幅が運転状況によって時間的に変化するため,信号を適応的に制御する必要がある.そこで,提案システムでは,ノイズセンサで取得したインバータノイズとアンテナに混入したインバータノイズが同振幅・逆位相となるようにPI(Power Inversion)アルゴリズムに基づき適応フィルタを制御する.はじめに提案システムの構成を示し,適応フィルタの重み係数の決定方法について述べる.次に数値例により提案システムの有効性を示したのち,最後に提案システムにおける最適なパラメータについて検討した結果を述べる.