平衡型ダイポールアンテナの平衡・不平衡モード評価

早川 準起  石井 望  
(アンテナ・伝播研究専門委員会推薦論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J96-B    No.9    pp.1076-1085
発行日: 2013/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ワイヤレスシステムを支える技術を融合するアンテナ・伝搬技術論文特集)
専門分野: アンテナ測定
キーワード: 
平衡型アンテナ,  Sパラメータ法,  mixed mode Sパラメータ,  修正されたCMRR,  180°3 dBハイブリッド,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では,実際の平衡型ダイポールアンテナに生じる平衡・不平衡モードの励振の比率を修正されたCMRR(common-mode rejection ratio)を用いて評価する.このために,mixed mode Sパラメータを導入し,平衡・不平衡モードにおける入力インピーダンスの評価を行う.修正されたCMRRによるモード電力比評価では,アンテナ共振時放射により平衡モードの反射量が減ることで修正されたCMRRが小さくなり,不平衡モードの反射量が相対的に増えるなどの知見を得た.更に,アンテナ共振時において全モードの電力に対する平衡モードの電力比を評価した.