動的なエラスティック光パスネットワークにおける周波数資源割当手法

廣田 悠介  戸出 英樹  村上 孝三  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J96-B   No.3   pp.249-262
発行日: 2013/03/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ネットワーク社会の更なる発展を支える光通信技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
エラスティック,  光パス,  ルーチング,  周波数割当,  マルチファイバ,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,周波数のフレキシブルな活用の観点から,Elastic Optical Path Networksが注目されている.Elastic Optical Path Networksでは,様々な変調方式を用いた通信を提供できる.一方で,従来のWDMネットワークにおけるRouting and Wavelength Assignment(RWA)問題と同様に,周波数帯域あるいは周波数軸をスロット単位で区切った周波数スロットをどのように割り当てるのかというRouting and Spectrum Assignment(RSA)問題がある.本論文では,このRSA問題に焦点をあて,従来のWDMネットワークにおけるRWA問題との相違点について述べる.次に,複数ファイバ環境におけるファイバ軸の情報も考慮してシグナリングを行い,動的に周波数資源を割り当てる周波数資源割当手法を提案する.計算機シミュレーションにより,提案方式を評価するとともに,分散環境におけるRSA問題の特徴を明らかにする.