光アクセス技術の今後の展望

吉本 直人  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J96-B   No.3   pp.233-242
発行日: 2013/03/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 招待論文 (ネットワーク社会の更なる発展を支える光通信技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
ブロードバンドサービス,  光アクセス,  PON,  フォトニックネットワーク,  光無線融合,  

本文: FreePDF(1.4MB)


あらまし: 
我が国では,世界に先駆け光アクセスネットワークの研究開発・実用化を推進し,今日における多様なブロードバンドサービスを提供可能とする通信インフラを構築してきた.本論文では,この光アクセスネットワークの今後の発展するシナリオについて述べる.はじめに,現状の光アクセスネットワークの直面している課題を,様々な視点から整理する.次に,一つ目のシナリオとして,既存のアーキテクチャを基本としつつ,その帯域拡張や省電力化,信頼性向上などの付加価値向上を指向する持続的発展シナリオについて述べる.併せて最新の標準化動向,研究開発の進展状況についても紹介する.もう一つのシナリオとして,これまで培ってきた技術を生かしつつも,光アクセスネットワークアーキテクチャに変革をもたらす可能性を有する新たな価値創造を指向する革新的発展シナリオについて,いくつかの事例をもとに述べる.