300 Hz~300 kHzにおけるヘルムホルツコイルを用いた磁界プローブ校正システムの開発

佐藤 彰訓  藤井 勝巳  和氣 加奈子  渡辺 聡一  松本 泰  橋本 修  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J96-B   No.2   pp.202-206
発行日: 2013/02/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集レター (通信技術の進展を支える学生論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
磁界プローブ,  ヘルムホルツコイル,  校正,  

本文: PDF(663KB)>>
論文を購入




あらまし: 
300 Hzから300 kHzにおいて,磁界プローブを校正するためのシステムを開発した.ヘルムホルツコイルの二つのコイルを,バイポーラ電源に対して並列に接続することで,小さな容量の電源でも,300 Hzから300 kHzの範囲で磁束密度を連続的に発生させることを可能とした.