到着期限のある閉ループ伝送システムにおけるひずみ最小化アルゴリズム

西新 幹彦  岩井 祐斗  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J96-A   No.1   pp.49-55
発行日: 2013/01/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 情報理論
キーワード: 
到着期限,  ひずみ最小化,  閉ループシステム,  数理モデル,  ストリーミング,  

本文: PDF(535.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ストリーミングのように,動画のダウンロードと再生を同時に行う場合,動画のフレームが再生される時刻までにそのデータをダウンロードしておく必要がある.フレームが再生される時刻を到着期限という.到着期限を守るために一般にはデータ量を削減しなければならないが,その場合,フレームの画質は劣化する.各フレームのひずみの総和を動画のひずみとする.本研究では,到着期限を守りながら動画のひずみを最小化するような最適化問題を考える.また,フレームのデータは消失通信路を通して送られると仮定し,消失が生じた場合は送信機に即時に通知されるものとする.送信機は消失の有無を以降の伝送計画の更新のために使う.この問題に対し,従来研究[1]では伝送計画を導くアルゴリズムが提案されているが,これは到着期限を守らない場合がある.本論文では,到着期限を守る最適アルゴリズムを提案する.