サイドチャネル攻撃評価用ソフトウェアプラットホームの開発

岩井 啓輔  黒川 恭一  
(システム開発論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J95-D   No.5   pp.1242-1254
発行日: 2012/05/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 情報ネットワーク
キーワード: 
サイドチャネル攻撃,  電力解析,  CPA,  AES,  SASEBO,  

本文: PDF(1.5MB)>>
論文を購入




あらまし: 
サイドチャネル攻撃の評価には,測定器など多種の機材を使用した実験をする必要があり,それらの機材も様々である.そのため,サイドチャネル攻撃の評価に用いるプログラムは,これらの機材の変更に対応する必要があり,攻撃や検証アルゴリズムの実装以外の開発労力が無視できない.本論文では,この問題に対処するため,サイドチャネル攻撃のためのソフトウェアプラットホームSEASON (Software Environment for side channel Attackas Standard evaluatiON)を提案する.SEASONは,オブジェクト指向を用いてサイドチャネル攻撃をモデル化し,各要素をクラスとして実装している.サイドチャネル攻撃に対して,抽象度の異なるクラスライブラリを実装することにより,軽微な変更に対してはプログラムの一部の追加で,また大きな変更に対しては抽象度の高いクラスからの実装と,様々なレベルでの変更に柔軟に対応可能である.実際にSEASONを用いて実装した電力解析攻撃用アプリケーションとしてSEASON PA-Applicationを示す.これは,AESに対する攻撃として,DPAとCPAとSPAが,RSAに対してはSPAが可能であり,更に5種のオシロスコープ,4種の実験ボードに対応している.