効率的なパラメータ共有を用いた環境依存HMMによるオフライン手書き単語認識

浜村 倫行  入江 文平  西本 卓也  小野 順貴  嵯峨山 茂樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J95-D   No.11   pp.1962-1972
発行日: 2012/11/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 画像認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
Partial Tied-Mixture,  手書き単語認識,  環境依存HMM,  EMアルゴリズム,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では高精度なオフライン手書き単語認識のための環境依存HMMに関して議論する.音声認識で広く用いられている環境依存HMMでは,パラメータ共有法として環境クラスタリングとtied-mixtureの二つのアプローチがあり,前者の認識精度の方が高いと報告されている.しかし,手書き単語認識の場合,環境による変動に比べその他変動が大きいため,環境クラスタリングは困難となる.このため,対象に対する先見知識を用いない場合,従来tied-mixtureによるアプローチのみ成功例が報告されている.そこで本論文では,環境クラスタリングを一般化したパラメータ共有法であるPartial Tied-Mixture (PTM)を提案する.PTMはtied-mixtureともパラメータ共有形態が近く,両者の長所を併せ持つ.まず環境をEMアルゴリズムでクラスタリングする方法を述べ,更にそれを拡張し混合ガウス分布も同時に最適化することでPTMの学習法を導く.CEDARデータベースを用いた実験により,提案法が認識精度,計算効率共にtied-mixtureを上回ることを示す.