地上/衛星共用携帯電話システムの地上-衛星間周波数共用に向けた屋外/屋内干渉模擬実験

三浦 周  渡邉 宏  浜本 直和  辻 宏之  藤野 義之  鈴木 龍太郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J95-B   No.5   pp.677-688
発行日: 2012/05/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 衛星通信
キーワード: 
衛星・地上融合通信システム,  STICS,  携帯電話,  干渉,  屋外/屋内伝搬,  

本文: PDF(1.7MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,地上/衛星共用携帯電話システム(Satellite/Terrestrial Integrated Mobile Communication System: STICS)において地上回線と衛星回線で同一周波数帯を共用する際に,地上回線を使用する共用端末から衛星に対する累積干渉量を見積もるための定量的なデータを取得するために行った干渉評価模擬実験について記述している.模擬実験は,STICSの干渉状況を模擬して実験系をIMT-2000携帯電話端末と連続波(Continuous Wave: CW)送信機,擬似衛星局(Pseudo Satellite: PS)を用いて構成し,オフィスビル街の屋内外で測定を行っている.実験結果から,屋外区間と屋内区間に分類して携帯電話端末の等価等方輻射電力(Equivalent Isotropically Radiated Power: EIRP)と共用端末-PS間伝搬損,単一干渉源の希望波電力対非希望波電力比(D/U)を取得している.また,取得データが多様な使用環境条件を含むことを示すため,屋外での見通し条件や屋内での建物内部での位置と各特徴量の関係を分析する.更に,取得データの適用例として累積干渉量の計算例を示す.