蓄電池の残容量推定に適したニューラルネットワークの回路設計と推定特性

寺村 正広  重井 徳貴  宮島 廣美  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J95-B   No.4   pp.556-567
発行日: 2012/04/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 電子通信エネルギー
キーワード: 
電池,  残容量,  推定,  ニューラルネットワーク,  回路,  

本文: PDF(3.5MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では蓄電池に残された電力の残容量を推定するのに適したニューラルネットワークについて,電子回路の設計例,及びその推定特性の実験結果を報告する.従来,正確な推定のためには複雑な演算が必要となり,マイクロプロセッサを用いて演算している.しかし,提案の回路ではマイクロプロセッサを使用せずに平均2.8%,また最大でも6.4%の誤差で残容量の推定ができることを実験で確認した.回路は基本的な電子回路素子だけで動作し,マイクロプロセッサを必要としないため集積回路化すれば広範囲な利用が期待できる.また,推定には乗算,加算,比較演算しか使用しないため,マイクロプロセッサを用いて計算させた場合でも計算負荷の低減が期待できる.筆者らは,蓄電池の残容量推定に適したニューラルネットワーク構造,シナプス荷重の計算法を以前提案した.提案したニューラルネットワークが回路化に適した構造であり,容易に電子回路化できること,設計通りに残容量を推定できること,などを回路実験で示す.