ハイブリッド結合器と可動短絡を用いたWheeler法による放射効率の測定及びその不確かさ評価

小林 陽平  石井 望  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J95-B   No.3   pp.433-441
発行日: 2012/03/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ・伝搬
キーワード: 
180°3 dBハイブリッド結合器,  Wheeler法,  放射効率,  不確かさ,  モンテカルロ法,  

本文: PDF(978KB)>>
論文を購入




あらまし: 
反射係数測定における測定の不確かさを取り除く方法として,180°3 dBハイブリッド結合器の減算機能の利用が提案されている.我々は,ハイブリッド結合器に接続するリファレンス標準として可動短絡を用いることで任意の反射係数を測定する手法を提案した.更に,測定系全体のSパラメータを考慮することで,算出された反射係数がベクトルネットワークアナライザで直接測定された反射係数とよい一致を示すことを実験的に確認した.本論文では,この手法をWheeler法に適用し,いくつかのアンテナに対して放射効率を測定した.更に,放射効率を算出するために測定した反射係数及び伝送係数に関する不確かさを用いて,モンテカルロ法により放射効率の算出式の不確かさに関するシミュレーションを行った.我々の提案した手法を用いた場合と直接ベクトルネットワークアナライザに接続して反射係数を測定した場合における不確かさを比較することで,我々の提案した手法が不確かさの軽減に有効であるという可能性に言及する.