実時間遅延器数を削減した広帯域平面フェイズドアレーアンテナのビーム指向誤差近似式の改良

谷島 正信  長谷川 巧  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J95-B   No.1   pp.79-83
発行日: 2012/01/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
フェイズドアレーアンテナ,  実時間遅延器,  ビーム指向誤差,  近似式,  

本文: PDF(496.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
実時間遅延器数を削減した広帯域平面フェイズドアレーアンテナは周波数に応じてメインビーム方向がシフトするという問題が発生する.このビーム指向誤差の近似式を導出したが,実時間遅延器数が少ないほど,ビーム走査角度が大きいほど近似誤差が大きくなる欠点があった.本論文ではこの近似式構成に着目し,特定の周波数においてビーム指向誤差がない指向方向の存在を明らかにするとともにこの存在を利用して近似式を改良し,シミュレーション解析により指向誤差計算精度が2けた向上することを示す.